GCPへ移行しました3


その後

前回の投稿で、このブログをGoogle App Engine+Cloud SQLの環境へ移したことを書きました。

しかしその後、結局、Google Compute Engineへ戻ってきました。

理由は2つです。

  • Google App EngineでWordpressを運用するのは面倒
  • Dockerを使ってみたかったから

Google App EngineでWordpressを運用するのは面倒

Google App EngineでWordpressを運用するのは(ちょっと)面倒です。

なぜなら、Google App Engine上で運用しているファイルは動的に更新することが不可能だからです。

具体的にどういうときに困るかというと、Wordpressの更新やプラグインやテーマの更新です。

では具体的にどうやるかと言うと、開発用PCのローカル環境にWordpressの環境を立ち上げておき、ローカルでWordpress・プラグイン・テーマを更新した後に、Google App Engineへアップロードするのです。まさに二度手間ですね。

Dockerを使ってみたかったから

技術者の端くれとして恥ずかしい話ですが、今までDocker(コンテナ)は用語だけは理解していたものの、使ったことがなかったのです。

どんなメリットがあるのか全然理解していませんでした。

インターネット上で色々と読み、うっすらとメリットが理解できるようになりました。

環境をさくっと立ち上げることができるということですね!(説明下手)

例えば、Wordpressをまともに1から構築しようとすると、

  • Apacheのインストール・設定
  • MySQLのインストール・設定
  • PHPのインストール・設定
  • WordPressのインストール・設定

と作業をする必要があり、慣れていても1~2時間はかかりそうです。

それが一瞬で出来てしまいます!

今までなんで使ってこなかったんだろうというレベルです。

気が向いたら、現在の構成のエントリを書いてみたいと思います。

以上です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 + 16 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。