WindowsをOpenVPNサーバにしたときの(メモ)

WindowsをOpenVPNサーバにしたときのメモ。

OpenVPNサーバはUNIX系OSに立てた方が良い

いきなりの全否定だが(笑)、やっぱりサーバアプリケーションはUNIX系OSで使うべき。性能や安定性、設定のしやすさが違う。Windows版を使うのはどうしてもという場合に限る。

本当にOpenVPNが必要か?

VPNで使いたいサービスが多くない場合(たとえばリモートデスクトップやFTPなど)、SSHによるポートフォワーディングを使った方が楽なことが多い。OpenVPNのクライアントはインストールが必要だったりroot権限が必要だったりと、面倒な場合がある。
SSHサーバを立てるのであればFreeSSHdを使うのが簡単。

Windows用OpenVPNサーバソフトは「OpenVPN GUI」

下記から探す。
http://www.openvpn.jp/
ちなみに、OpenVPN GUIはサーバソフトとクライアントソフトを兼ねている。

Windows版OpenVPNの初期設定について

下記が分かりやすい。
http://freescitech.net/2/wiki/

設定ファイルを置く場所

インストールフォルダのconfig以下に.ovpn拡張子として保存する(.confなどでは動かない)。
.ovpnの前がプロファイル名となる。

OpenVPNの起動

2種類ある。

  1. OpenVPN GUIから起動
    オーソドックスな方法。Windowsにログイン→OpenVPN GUIを起動→サーバのプロファイル(config以下に投入した.ovpn)を選択し、起動する。
  2. サービスとして起動
    WindowsにログインしなくてもOpenVPNが起動するようになるので、こちらの方が便利か。
    ただしサービス自動起動はデフォルトでは無効になっていたと思う。設定方法はWindowsの「サービス」画面(services.msc)でOpenVPNサービスのプロパティを開き起動を自動に設定する。なおconfigフォルダに.ovpnファイルが複数ある場合には、それぞれ別プロセスとして起動してくれる。

ルータに穴を開ける

デフォルト設定であれば、”UDP”のポート1194を開ける。”TCP”ではないので注意。
(自分はこれで1時間ぐらいはまったorz)

Windows Vista以上のOSを使うとき

設定プログラムを叩くときやファイル編集を行うときにUACがうるさいので、設定完了するまではUACは切っておいた方がいいかも(Program Filesフォルダ以下でなければそれほどUACはうるさくないので、他の適当なフォルダにインストールするのも手)。

64bit版Windowsを使うとき

OpenVPN GUIが”Program Files (x86)”にインストールされるので、XP以前の設定ファイルを流用する場合は設定ファイル内のパスを書換える必要があるかも知れないので注意。(Program Files → Program Files (x86)に書換え)。

以上

Windows Media Player 12でtsをDLNA再生すると音が出ない

Windows Media Player 12(以下WMP12)をDLNAクライアントとしてtsを再生すると音が出ない事象に遭遇(DLNAサーバはWindows Home Server 2011)。
コーデックの問題かなぁと思ったらビンゴ。Windows 7 Codecsというコーデックパックを下記からダウンロードしてインストールしたところ、音が出るようになった。
http://shark007.net/win7codecs.html

ちなみにtsをWMP12でローカル再生するとやはり音が出なかったが、そちらは別問題でWinodws7 SP1のバグ。下記で紹介されている通りmfds.dllの入れ替えで解決した。
http://freesoft.tvbok.com/windows7/operation/sp1_ts.html
※ただし、mfds.dllの所有権を変更するだけではダメで、自分にフルコントロール権限を追加してやらないと上手くいかなかった。

以上

【解決】Windows7でスリープから復帰できなかった件(MB:ASUS M4A89GTD)

いま使っているのデスクトップPCを購入以来、Windows7の「スリープ」を使うとマウス・キーボードはおろか電源ボタンを押しても全く復帰できず、泣く泣くコンセントを抜くしかない状況になっていたが、ようやく解決した。

PCの構成

CPU : AMD PhenomII X6 1090T BlackEdition
MOTHER : ASUS M4A89GTD PRO/USB3
MEMORY : 8GB DDR3 SDRAM PC-10600
HDD : Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1
VGA : RADEON HD5770 1GB MSI製Hawk

やったこと

下記ドライバを更新して解決。全部更新したので、どれが良かったのかは不明。

  • BISOの更新
  • チップセットドライバの更新
  • LANドライバの更新
  • USB3.0ドライバの更新
  • VGAドライバの更新

その後

スリープにしてもすぐに復帰してしまう事象に見舞われたので、デバイスマネージャからキーボード・マウスのドライバプロパティ-[電源の管理]タブで、[このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を~]のチェックを外した。
また、同じくネットワークアダプタのドライバプロパティでは[Magic Packetでのみ、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする]をチェック。
([このデバイスで~]のチェックを外してもOKだろうが、Magic PacketによるWOLは使いたかったので)

最後に、ハイブリッドスリープ(スリープ時、メモリとディスク両方にセッション状態を保存する)はSSDに悪そうなのでOFFにした。
[電源オプション]-[プラン設定の変更]-[詳細な電源設定の変更]-[スリープ]-[ハイブリッド スリープを許可する]-オフ

ハイブリッドスリープの利点は、電源を抜いてしまってもディスク上に保存したセッション状態から復帰できること。ただし、容易に電源を失う状態になく、メモリを十分に搭載したデスクトップマシンならば、ハイブリッドスリープを切ったほうがスリープおよび復帰の処理が早くなり快適(読み書き速度が、メモリ>>>>>>>ディスクであるため)。

以上