Xperia tablet Zを買いました

Xperia tablet Zを買いました。docomo版を。
家の中でしか使わないならもったいない気がしましたので、メイン機として出先でも使うことにしました。
というわけで、毎日持ち出ししています。通勤の電車の中で使ってます(片道10分w)。

薄型・軽量かつ防水防塵と、モノとしてはなかなか良いです。
Sony純正カバーを付けていますが、せっかくの軽量が意味なくなるので微妙な感じです。
あと画面のフチの部分に微妙な隙間があり、ゴミが埋まるのは嫌な気分です。

docomo版ということもあり、不要アプリはいつものように満載ですが、だいたい無効にはできますし、
内蔵メモリ32GB、RAM2GBと潤沢なこともあって、あまり気になりません。
まだ試していませんが、Xperia Zと同じやり方でRootが取れるらしいので、
Rootを取ってバッサリ消してしまうのも良いかもしれません(もちろん、自己責任です)。

ちなみに評判の悪いdocomo Xi ロゴは飛散防止フィルムに印刷されているとのことなので、
剥がしてしまえばお別れできるかもしれません。私は試していませんが。
ちなみに飛散防止フィルムをはがすと改造扱いになってしまうこともあるそうなので、ご注意ください。

さて、大きな問題がひとつあります。タッチ感度の悪さです。
スワイプしてたはずがタップとして認識されてしまうことが時々起こります。
ブラウザを使っているときに、広告をタップしてしまったりするので困ってしまいます。
原因は不明で、某掲示板ではハードウェアの個体差だと騒がれています。
でも私はハードウェアの個体差を作り出すほうが難しいと思うので、ソフトウェア(OS)が原因だと思っています。
アプリケーションによっても挙動が微妙に違いますし(特にChromeがひどい)。
そのうちSonyさんがソフトウェアアップデートで直してくれるものと思っています。
過去に、Xperia X10も画面端のタッチを認識してくれない問題がアップデートで直ってたりしますし。
(あのときは、”q”とか”p”がなかなか押せなくて大変でした)

お値段は相当高いです。ヨドバシで82,000円ぐらいだったと記憶しています。ポイントで純正カバーは買えましたが……。
Wi-fi版は6万円ぐらい?
噂ではヤフオクにdocomo版の白ロムが5万円ぐらいで出ているらしいので、
リスクを承知の方はそちらをあたってみるのもいいかもしれません。

docomo版Xperia rayでb-mobile 1GB定額を使う

docomo版Xperia rayでb-mobile 1GB定額を使うことができたので設定手順のメモを残しておく。
ネットを調べてもなかなかすんなりできたという例はなく、わたしも少々手間取る結果となった。
2011年9月30日現在、b-mobileホームページ上ではXperia rayは動作確認機種となっていない。

  1. はじめに
    docomo版Xperia rayでb-mobile 1GB定額を使うにあたって、docomoショップでのSIMロック解除手続きは不要。3,150円無駄にしないように……。
  2. b-moble開通手続きダイヤルへ電話
    こちらで説明されている通りb-moble開通手続きダイヤルへ電話。音声ガイダンスに従うだけなのですぐに終わる。
    手続き後、5分ほど待つ必要あり。
  3. Xperia rayへAPNを追加
    マニュアルの通り、[設定]-[無線とネットワーク]-[モバイルネットワーク]-[アクセスポイント名]の画面に入り、APNを追加する。追加したAPNをラジオボタンで選択しておく。
    ここですんなり追加できている人もいるようだが、わたしの場合はなぜか、APN名をb-mobile指定のdm.dplat.netにした場合だけ保存できないという謎の事象に遭遇した。
  4. 【補足】ApnManagerによるAPNの追加
    ※すでにAPNを追加できている場合はこの手順を飛ばして下さい※
    マーケットからApnManager(作者がkaminosonの方)をインストールする。
    (1)ApnManagerを起動し、設定ボタンを押下→エクスポート。
    (2)RootExplorerなどで/sdcard/ApnManager/apnlist.xmlを開く。
    (3)下記のようになっている。
    <?xml version=”1.0” encoding=”UTF-8”?>
     <apns>
      <apn name=”spモード” ~(省略)~ />
      <apn name=”mopera U (スマートフォン定額)” ~(省略)~ />
      <apn name=”mopera U 設定” ~(省略)~ />
     </apns>

    (4)<apn ~(省略)~ />のタグをどれでもいいのでコピーする。例えばspモードをコピーした場合は、下記のようになる。
    <?xml version=”1.0” encoding=”UTF-8”?>
     <apns>
      <apn name=”spモード” ~(省略)~ />
      <apn name=”mopera U (スマートフォン定額)” ~(省略)~ />
      <apn name=”mopera U 設定” ~(省略)~ />
      <apn name=”spモード” ~(省略)~ />
     </apns>

    (5)コピーしたタグのパラメータを編集する。文字は必ず””で囲む。下記以外はデフォルトで可。
     ・name:(任意。たとえば”b-mobile”など。)
     ・apn:dm.jplat.net
     ・user:bmobile@fr
     ・password:bmobile
     ・authtype:-1
    (6)ApnManagerを起動し、設定ボタンを押下→インポート。
    (7)余計なAPNはチェックボックスで選択して設定ボタン→削除。
    (8)[設定]-[無線とネットワーク]-[モバイルネットワーク]-[アクセスポイント名]の画面に入り、b-mobileのAPNをラジオボタンで選択。
  5. 接続テスト
    接続設定は完了しているので、インターネット接続ができるか確認する。(テストするときはWifiを切っておく)
    なお、設定が完了しても、通知バーの黄色三角印のマーク(通信サービスなし)は消えず、アンテナマークの横に”3G”や”H”の文字も出ないので通信状態は分かりづらい。
    インターネットに接続できない場合は次の手順へ。
  6. 【補足】携帯電話事業者の検索
    (1)[設定]-[無線とネットワーク]-[モバイルネットワーク]-[データ通信を有効にする]のチェックを外す。
    (2)通知バーを開き、黄色三角印(通信サービスなし)をタップすると、[携帯電話事業者]の画面が開き、検索が始まるのでしばらく待つ。
    (3)検索が終わると、”NTT DOCOMO”と”Softbank”が現れているはずなので、NTT DOCOMOを選択。
    (4)[設定]-[無線とネットワーク]-[モバイルネットワーク]-[データ通信を有効にする]のチェックをONにする。
    (5)再度、インターネットに接続できるか確認。
  7. 【番外編】docomo版Xperia ray + b-mobile 1GB定額ではテザリングができないのか?

    docomo版Xperia ray + b-mobile 1GB定額ではテザリング(Android標準のポータブルWi-Fiアクセスポイントのことを指す。Barnackle等のテザリングアプリなどは別の話)ができないのか? 結論を言ってしまえば、できる。
    とはいえ、1GB定額でテザリングしまくるとすぐにガス欠になってしまうので、あまり美味しくはない……。

    b-mobileのFAQページにはこんなことが書いてある。
     Q.テザリングはできますか?
     A.(中略)※ドコモから販売されているスマートフォン端末については、ご利用いただけません。

    なぜかというと、ドコモの場合は、通常時のAPNに何を設定していようが、テザリングをONにすると強制的にAPNがドコモテザリング専用のAPNに変わるため。b-mobileのSIMではドコモテザリング専用のAPNが使えないため、テザリングをできない、という理屈。

    解決方法を簡単に書く。詳しい方法はここでは説明しない。(googleで”Xperia ray root”などと検索すれば答えは見つかるはず。手順はけっこうややこしい……)

    1. rootをとる。
    2. テザリング時の強制APN固定設定を外すか、テザリング時の強制固定APNをb-mobileのAPNに変更してしまう。

以上

Xperia RayとWZR-HP-G300NHの相性問題

Xperia Ray(SO-03C)自体はその小ぶりさによる取り回しの良さが非常に満足だったのだが、一つ重大な問題が発生していた。

Slingplayer(アプリ)やニコニコ動画(Webブラウザ)でストリーミング動画再生をすると、1分ほどで必ずといっていいほどWifi通信が異常となった。
とはいえ、Wifi通信全部ができなくなるわけではなく、異常が発生したアプリやWebブラウザのみ、ネットワークに繋がらなくなるというものだった。
なお、Wifiに再接続すると正常に戻るが、結局また異常は発生するので何の解決にもならない。

Google検索してみたものの、Xperia Rayの普及率は大したものではないため、特に同様の問題はHITしなかった。

Xperia(SO-01B)では特に問題が発生していなかったため、Buffaloの無線LANルータであるWZR-HP-G300NHに当たりをつけた。
(余談だが、WZR-HP-G300NHは本当に何かと問題の多いルータで、評価も散々である)

とはいえ検索wordは思い浮かばず、”WZR-HP-G300NH”まで入力したところでGoogle先生からサジェストされた聞きなれない言葉”dd-wrt”を検索。
なるほど、ルータ用のカスタムファームウェアのことか。

他に手もなかったので、燃えないゴミ化する可能性もあったが
WZR-HP-G300NHとG301NをDD-WRT化~その1~
WZR-HP-G300NHにdd-wrtをインストールしました
の情報を参照させていただき無事ファーム入れ替え成功。
なお、ブリッジモードのままファーム書き換えをすると非常に面倒なことになるので注意。

色々設定後、Xperia Rayから無線LANルータに接続。
そしてストリーミング再生……問題なさそうだ。解決とする。

私のような組み合わせを使っている人はほとんどいないだろうが、相性問題は本当に厄介である。

今回は改めてGoogle先生の優秀さを認識させられたのだった。

以上

Googleナビを使ってみた【平塚~武蔵境】

Googleナビ on Xperiaを使って、平塚(神奈川)~武蔵境(東京)を車で往復してみました。片道3時間ほど。

結論:Googleナビは少々怪しい。

問題点:
・(行き)有料道路を使わない設定にしていたにもかかわらず、首都高に突っ込まされた。というか、首都高に乗ってしまうとあさっての方向に行ってしまう……。20分~30分のロス。
・(帰り)有料道路を(略)、東名高速に突っ込みそうになった。(まぁ、こちらはそのまま乗って行っても良かったですけどね)
・国道246号など2車線以上の道路で自然に左右へ分岐したりすることもあるのですが、ナビが無言なのでどっちに進むべきか迷う。そういうときは勘で対処しました(笑)。
・交差点前の音声案内がけっこうギリギリだったりするので(200m~300m手前ぐらい)、下手すると車線変更が間に合わない可能性(実際に間に合わなかったことはなかったですけど、慌てること多数)。
・「そこ右」→「そこ右」→「そこ右」でなぜか元の道に復帰したことがあった。
・遠回りの道を提示することがある。

自分が悪かった点:
・Xperiaの車載ホルダは買っておくべきだった。画面が見れず、音声案内のみでは厳しいです。

とはいえ、Googleナビのいいところ:
・お手軽。Android端末があれば無料で使えます。(iPhoneは知らん)
・そこそこ正確。目的地に辿りつけないということはないでしょう。

全然関係ありませんが:
・高速はケチらずに使うべき。
・運転は久しぶりだったので少し緊張。
・地理に詳しくない場所を運転するのは、やはり疲れる。
・東京は車で移動するもんじゃない。

以上です。

Android(2.1以降?) Googleアカウントのパスワード変更

Googleアカウントのパスワードを変更した場合に、以前はAndroid側でめんどくさい作業(最悪、ファクトリリセット)を実施しなくてはならなかったのですが、2.1以降(だと思う……)から簡単になったようです。
わざわざメモを残すまでもなく簡単なのですが、一応。

  1. 何らかの方法でGoogleアカウントのパスワードを変えたとします(PCからetc…)。
  2. Android側で、[設定]-[アカウントと同期]で設定しているGoogleアカウントを選び、何でもいいので(連絡先、Gmail、カレンダーなど)同期します。
  3. 通知バーに「同期に失敗した」みたいな通知が出てくるので、その通知を開く。
  4. 新しいパスワードを入力。おしまい。

以上です。

Xperia(Android)からOpenVPN接続

はじめに

この手順では、XperiaからOpenVPN Settingsを用いてOpenVPNサーバに対して接続を行います。
Xperia以外でもAndroid端末であれば接続できると思いますが、試していないので不明です。
(IS01で確実にダメなことが分かっていますが、Google検索すると解説サイトがあるのでそちらで)
なお、本手順の使用については自己責任でお願いします。
(rootで端末をいじるので、最悪動かなくなることも考えられます。
……AndroidでOpenVPN使おうとする人なら十分承知とは思いますが(^o^;)

  1. OpenVPNサーバ構築
    これは数多くのサイトが解説しているので割愛します。
    必ず、Windows等のクライアントからOpenVPNサーバに接続できることを確認しておいて下さい。
    (Xperiaを最初のクライアントにすると、問題が発生したときにサーバの問題なのか
    クライアントの問題なのか切分けが難しくなります)
  2. Xperiaのroot取得
    こちらも他サイトを参考にお願いします。
    私はz4rootを使用しましたが、現在でも使える方法かは不明です。
  3. BusyBoxのインストール
    XperiaでマーケットからBusyBoxを検索し、インストールします。
  4. OpenVPNモジュールの取得
    Xperiaで以下URLからzipをダウンロードし、/sdcard以下に解凍して下さい。
    http://dl.dropbox.com/u/15148882/openvpn.zip
  5. OpenVPN Settingsのインストール
    XperiaでマーケットからOpenVPN Settingsを検索し、インストールします。
  6. Android Terminal Emulatorのインストール
    XperiaでマーケットからAndroid Terminal Emulatorを検索し、インストールします。
  7. コマンドの実行
    XperiaでAndroid Terminal Emulatorを起動し、以下のコマンドを実行して下さい。
    ※最後の2行は要らないかも知れません。私は実行しましたが、問題はありませんでした。

    su
    mount -o remount,rw -t yaffs2 /dev/block/mtdblock2 /system
    busybox insmod /sdcard/openvpn/tun.ko
    busybox cp /sdcard/openvpn/openvpn /system/xbin/openvpn
    busybox cp /sdcard/openvpn/tun.ko /system/xbin/tun.ko
    chmod 700 /system/xbin/openvpn
    mkdir /system/xbin/bb
    busybox ln -s /system/bin/busybox /system/xbin/bb/ifconfig
    busybox ln -s /system/bin/busybox /system/xbin/bb/route
    busybox mount -o remount,rw /dev/block/mtdblock2 /system
    busybox cp /sdcard/openvpn/chargemon /system/bin/chargemon
    busybox cp /sdcard/openvpn/busybox /system/bin/busybox
    
  8. Xperiaの再起動
    Xperiaを再起動します。
  9. OpenVPNクライアント鍵などの配置
    Xperiaの/sdcard/openvpn以下に、クライアントとして必要なファイルを配置します。
    私の場合は、以下のようなファイルでした。OpenVPNサーバの設定によって変わると思います。

    • ca.crt
    • xxx.crt
    • yyy.key
    • zzz.ovpn
    • tls-auth.key

    ※ちなみに、zzz.ovpnの内容は以下です。こちらもOpenVPNサーバの設定によって内容が異なります。
    Windowsなどで動作確認済みのovpnファイルがあれば、keyやlogのパスを変更するだけでOKです。

    client
    tls-auth /sdcard/openvpn/tls-auth.key 1
    cipher AES-256-CBC
    dev tun
    proto udp
    tun-mtu 1500
    fragment 1400
    mssfix
    remote hoge.hoge xxxxx
    ca /sdcard/openvpn/ca.crt
    cert /sdcard/openvpn/xxx.crt
    key /sdcard/openvpn/yyy.key
    resolv-retry infinite
    nobind
    persist-key
    persist-tun
    verb 3
    comp-lzo
    status /sdcard/openvpn/status.log
    log-append /sdcard/openvpn/log.log
    
  10. OpenVPN Settingsの設定
    XperiaでOpenVPN Settingsを起動して、[Menu]ハードキー – [Advanced]をタップし、以下の設定を行います。

    1. [Load tun kernel module]にチェック。
    2. [Path to configurations]に/sdcard/openvpnを設定。
    3. [Path to openvpn binary]に/system/xbin/openvpnを設定。
    4. [TUN module settings]をタップ。
    5. [Load module using]で”insmod”を選択。
    6. [Path to tun module]に/sdcard/openvpn/tun.koを設定。

    以上で設定は終了です。[Back]ハードキーを2回押して、OpenVPN Settingsのトップ画面に戻ります。

  11. OepnVPNの起動
    いよいよOpenVPNの起動です。

    1. [OpenVPN]にチェックを入れます。
    2. zzz.ovpnにチェックを入れます(一度でチェックが入らない場合は、もう一度タップして下さい)。
    3. パスフレーズの設定をしている場合には、ステータスバーに通知されるので、通知を開いてパスフレーズを入力してから[OK]をタップします。
    4. zzz.ovpnの下に、”Connected to [OpenVPNサーバのIP] as [クライアントに割当てられたIP] “ が表示されれば接続成功です。うまくいかない場合には、ログを確認しましょう(ログの場所は、ovpnファイルで設定できます)。

以上です。

Android(HT-03A)+Azilink テザリング手順

はじめに

本書はAndroid(HT-03A)+Azilinkでテザリングを実施する手順を示す。
手順の実施については自己責任でお願いします。
(以下を参考にした……というかそのまんまだけど)
http://code.google.com/p/azilink/
※現状、通信はbizホーダイに含まれるようだが、今後どうなるかは不明。

準備

  1. ホストにOpenVPNをインストール
    以下からインストーラをダウンロードし、ホストで実行。適当にインストール。
    http://openvpn.net/index.php/open-source/downloads.html
  2. ホストにHT-03Aを接続
    接続。
  3. HT-03AのUSBデバッグモード設定
    HT-03Aで[設定] – [アプリケーション] – [開発]画面を開き、[USBデバッグ]をチェック。
  4. ホストにAndroid USBドライバをインストール
    http://code.google.com/p/azilink/から”azlink-x.x.x.zip”をダウンロードして解凍する。
    デバイスマネージャから、解凍した” azilink-2.0.2adbx86″以下のドライバをインストール。
    ※この辺の手順はよく分からなかったので適当にやった。自分がやった手順は、

    1. [USBコントローラ]- [USB 大容量記憶装置デバイス(Android Phone)]のプロパティ→[一覧または……]→[次の場所で……]のラジオボタンをチェックし、[リムーバブル……]のチェックを外し、[次の場所を……]をチェックし、解凍した” azilink-2.0.2adbx86″のパスを指定。
    2. デバイスマネージャに不明なデバイスが出現したので(1)と同じ手順を実施。

テザリング実施

  1. バッチ実行
    解凍した” azilink-2.0.2″以下のazilink.batを実行。
  2. AziLinkの設定
    HT-03AでAziLinkを開き、[Service active]をチェック。
  3. 接続開始
    解凍した” azilink-2.0.2″以下のazlink.ovpnを右クリック→[Start OpenVPN on this configuration file]。
    コマンドプロンプトが起動するので落ち着くまで待つ。
  4. 確認
    接続できているはず。

以上