熱帯魚水槽用のLEDライト(LED電球)

最近(とは言ってもけっこう前ですが)、熱帯魚を飼い始めまして。
最初は適当なニッソーの飼育セットで飼っていたのですが、やっぱりだんだんとこだわりたくなってくるものです。
上部濾過→外部濾過にしたり……。

で、その過程でライトをLEDにしよう!と思ったのですが、
熱帯魚水槽用の専用LEDライトってものすごく高いんですよね……。(1万円超も珍しくない)
蛍光灯と比べて、
 (1) 基本的に暗い
 (2) 光が直進しかしない
 (3) 水草が育ちにくい(?)

といった特徴があるようです。

(3)が特に気になりました。光合成ができなければ水草は育たないですし。
調べてみると、どうやら「演色性(Ra)」という数値がかかわっているようで、
この数値が高いほど光合成には適しているようです。明るさ(ルーメン:lm)とは関係ない数値軸となっています。
熱帯魚専用製品では、Ra90~95ぐらいあったりします。

製品選定には調査に調査を重ね、実際に買ってみて暗くて使えねーとか色々あったものの、
(専用製品を買ったほうが結果的に安上がりだったかもしれませんw)
最終的に「オーム電機(OHM) LDA9N-H8 [LED電球 昼白色相当 E26口金 全光束850lm]」にしました。
1個あたり1,000円ぐらいだったと思います。
この製品の演色性はRa70とちょっと心配でしたが、結果はと言うと……水草がモリモリ育ちすぎて困っているぐらいです。
850lmと、そこそこ明るいのが良いところでもあります。
とはいえ、45cm水槽に3つ設置したものの、やっぱり蛍光灯に比べると暗いです。

残念ながら上記製品は生産終了品となってしまっていますが、後継製品があるようなので、探してみるのも良いでしょう。

水槽用のLEDライトはなかなか定番品がなく、情報も少ないので、少しでも助けになれば幸いです。

Xperia tablet Zを買いました

Xperia tablet Zを買いました。docomo版を。
家の中でしか使わないならもったいない気がしましたので、メイン機として出先でも使うことにしました。
というわけで、毎日持ち出ししています。通勤の電車の中で使ってます(片道10分w)。

薄型・軽量かつ防水防塵と、モノとしてはなかなか良いです。
Sony純正カバーを付けていますが、せっかくの軽量が意味なくなるので微妙な感じです。
あと画面のフチの部分に微妙な隙間があり、ゴミが埋まるのは嫌な気分です。

docomo版ということもあり、不要アプリはいつものように満載ですが、だいたい無効にはできますし、
内蔵メモリ32GB、RAM2GBと潤沢なこともあって、あまり気になりません。
まだ試していませんが、Xperia Zと同じやり方でRootが取れるらしいので、
Rootを取ってバッサリ消してしまうのも良いかもしれません(もちろん、自己責任です)。

ちなみに評判の悪いdocomo Xi ロゴは飛散防止フィルムに印刷されているとのことなので、
剥がしてしまえばお別れできるかもしれません。私は試していませんが。
ちなみに飛散防止フィルムをはがすと改造扱いになってしまうこともあるそうなので、ご注意ください。

さて、大きな問題がひとつあります。タッチ感度の悪さです。
スワイプしてたはずがタップとして認識されてしまうことが時々起こります。
ブラウザを使っているときに、広告をタップしてしまったりするので困ってしまいます。
原因は不明で、某掲示板ではハードウェアの個体差だと騒がれています。
でも私はハードウェアの個体差を作り出すほうが難しいと思うので、ソフトウェア(OS)が原因だと思っています。
アプリケーションによっても挙動が微妙に違いますし(特にChromeがひどい)。
そのうちSonyさんがソフトウェアアップデートで直してくれるものと思っています。
過去に、Xperia X10も画面端のタッチを認識してくれない問題がアップデートで直ってたりしますし。
(あのときは、”q”とか”p”がなかなか押せなくて大変でした)

お値段は相当高いです。ヨドバシで82,000円ぐらいだったと記憶しています。ポイントで純正カバーは買えましたが……。
Wi-fi版は6万円ぐらい?
噂ではヤフオクにdocomo版の白ロムが5万円ぐらいで出ているらしいので、
リスクを承知の方はそちらをあたってみるのもいいかもしれません。