ポケットドルツを買ってみた

前からちょっと気になっていた電動歯ブラシ、ポケットドルツを買ってみました。

自宅ではブラウンのオーラルBを使っていて、これはもうやめられません。
しかし、如何せんデカい。あとうるさい。外ではちょっと使いづらい……。

なので、持ち歩き用が欲しいなぁ……と思っていて、前から気になっていたポケットドルツを買ってみたわけです。
(Amazon様が1日で届けてくれました(笑))

外観はおしゃれな感じ。カラーバリエーションがかなり用意されています。

で、いざ使ってみる……が久しぶりの手磨きが面倒臭い!
自宅のオーラルBはブラシの先端が回転するタイプなので、適当に歯の表面を滑らせるだけでいいわけですが、こちらは先端が振動しているだけなので、普通の歯ブラシと同じようにゴシゴシと磨いてあげなくてはいけません。……まぁ、普通の人はそうやって磨いてますよね。
携帯用だけあって柄の部分が短く、持ちづらい。また、口の奥はちょっと磨きづらいです。
電動歯ブラシですが音はとても静かです。磨いていると振動が伝わってきます。

不慣れな歯ブラシなので時間がかかってしまいましたが、終わってみると磨き上がりは良好でした。
性能には問題なさそうです。

使ってみた感想としては、あくまで携帯用としてならOKかなと思います。
やっぱり持ちにくいのと奥が磨きづらいのとで……。

お値段は3000円ほど。
動かすには単4電池1本が必要。1回2分として90日はもつみたいです。eneloopを入れて使っていますがまったく問題なし。

以上です。

Motorola EQ7レビュー

Motorola EQ7のレビューです。公式サイトは↓
http://www.motorola.com/Consumers/JP-JA/Consumer-Products-and-Services/Mobile+Phone+Accessories/Speakers/MOTOROLA-EQ7-Wireless-Hi-fi-Stereo-Speaker-System-80199-JP-JA

音質

メーカはMotrolaですが、スピーカーはJBL。
低音以外は綺麗に鳴らしてくれます。低音はかなり音量を上げないと埋もれます。
しかし、後述しますが18,000円の音とは思えません(悪い意味で)。
とはいえ、一つ前の記事でレビューしたSRS-M50と比べればワンランク上であることは確かですが。
あと、スピーカーの形状を考えるとしょうがないですが、ステレオ感はありません。
と……ボロクソに書いているように見えるかもしれませんが、音は本当に綺麗なんですよ(笑)

大きさ、重量

タテヨコは大きいですが、厚みはそれほどありません。かばんに入れてお出かけも躊躇するほどではありません。
重さはそれなりにあります(440g)。

価格

価格についてですが、EQ7の国内正規版は18,000円ほどです。
並行輸入品だと9,000円~10,000円ぐらい。海外では100ドル弱みたいです。
※つまり国内正規価格は相当高い。

電源、稼働時間

ACアダプタまたは単3電池x4。
電池駆動時間はeneloopで6~8時間ほど? 買う前は少し不安でしたが、いざ使ってみると電池がもたないとは感じませんでした。

その他

Bluetoothによるワイヤレス接続が使えます。
電源を入れると勝手にペアリングモードになり(抑止不可)、携帯電話や音楽プレイヤー側がペアリングできる状態になっていれば接続が確立されます。

まとめ

SRS-M50を押入れの肥やしにしてしまうぐらい音は素晴らしいです。
しかし、正規価格は高すぎます。その価格で買う場合にはガッカリ覚悟をしておいたほうがいいかもしれません……。
Amazonマーケットプレイスやヤフオクをこまめにチェックすれば、10,000円ぐらいで入手することは可能だと思います。

以上です。

SONY SRS-M50レビュー

SRS-M50(SONY)のレビューです。公式サイトは↓
http://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-M50/index.html

音質

最初の印象は、「少しこもった音かな?」と感じました。
しかし、それ以上に「このサイズでここまで鳴るのか」という驚きが勝ります。
私は主にJ-POPの女性ボーカルをメインに聴きますが、このスピーカーは中音~高音に強いので、ボーカルがとても艶やかに聞こえるのが嬉しいです。とはいえ、ボーカルが前面に出すぎて他の音は少々引っ込み気味です。
低音もそこそこ鳴らしてくれますが、迫力には欠けますし、「ドンドン」という音は「ポコポコ」と鳴ってしまいます。
最終的に、こもった音については気にならなくなりました。どうしてもという場合には、イコライザで細かく調整してあげれば改善することは可能です。
また、このスピーカーはセパレートタイプなので、離して置いてあげればステレオ感は十分にあります。

大きさ、重量

軽いです(電池を入れても270g)。形は大きいサイコロみたいなものです。
布団の上に置くと、形と軽さが相まってコロコロと転がってしまいます(笑)
なお、セパレートタイプではありますが2つのスピーカーはジョイントできるので持ち運びには便利です。

電源、稼働時間

ACアダプタまたは単4電池x3。
電池駆動時間はeneloopで10時間以上。正確には測っていません。
公式にはアルカリ乾電池で40時間(!)らしいですね。

価格

価格は実売4,000円弱。

まとめ

総合的に見ると4000円でこのレベルはかなりお得。
音質は値段とサイズ以上のものだと思います。
多少かさばりますが軽いので旅行に持って行くもよし。
音楽プレーヤーやノートPCの外部スピーカーとして利用出来るなど、使い勝手はいいです。
電池での駆動時間も長い。
おすすめの一品です。

以上です。